2016年8月17日 13時28分

読了まで 29

Apple Music、ドレイクら擁するCash Money Recordsと独占契約

birdman-larry-jackson


 
は現地時間16日、人気ヒップホップミュージシャン、ドレイクらを擁する音楽レーベル「Cash Money Records」と、が独占的に同レーベル所属アーティストの楽曲をストリーミング提供する契約を締結しました。
 
Cash Money Recordsの共同創業者であるバードマンが、Apple Musicのラリー・ジャクソンとともに、自らのInstagramで報告しています。

Appleと親密な関係にあるドレイク

Cash Money Recordsにはドレイクのほか、リル・ウェイン、ニッキー・ミナージュ、タイガ、バードマンなど、人気アーティストが所属しています。
 
ドレイクはApple Music立ち上げ当初からAppleと親密な関係にあり、基調講演でのApple Musicの発表の際にはステージに登場、自分の新作「View」をiTunesとApple Music限定で先行販売、また「Beats 1」ラジオでは自分の番組を持ったりしています。

独占契約締結に力を入れるApple

今回の契約には、レーベル所属アーティストの楽曲の独占的なストリーミング提供だけでなく、やApple Musicでアーティストの無料プロモーションを行ったり、特別なビデオコンテンツを製作したりすることも含まれているのではないか、と9to5Macは述べています。例えば過去には、テイラー・スウィフトのツアー・ドキュメンタリー製作という実例があります。
 
Appleはこの数週間の間に、フランク・オーシャンの新アルバム、ブリトニー・スピアーズの3年ぶりの新アルバムを、Apple Musicで独占的に配信する権利を得ています。
 

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる