トップページ > 最新情報 > Apple、インドのiOSアプリ開発者サポート施設に1,100坪超のオフィスを契約!
2016年7月27日 13時20分

読了まで 146

Apple、インドのiOSアプリ開発者サポート施設に1,100坪超のオフィスを契約!

バンガロール市街地
 
Appleが、インドのベンガルールに開設を発表していたiOSアプリ開発者サポート施設用に、40,000平方フィート(約3,700平方メートル、約1,120坪)以上のオフィスの賃貸借契約を結んだと報じられています。

Apple、1,100坪超の広大なオフィスを契約!2017年前半に稼働

Apple今年5月、ティム・クックCEOが訪問したインドにおいて、ベンガルールにiOSアプリ開発者向けサポート施設、ハイデラバードに地図の開発拠点の開設を相次いで発表しました。
 
Appleはベンガルール市内に、2フロア合計で40,000平方フィートを超えるオフィススペースの賃貸借契約を締結し、2017年前半にオープン予定である、と事情に詳しい複数の関係者の話としてインドメディアのEconomic Timesが報じています。

Swiftのサポートも提供、Apple製品全般のアプリ開発を支援

同施設では、プログラム開発言語Swiftのサポートも提供される予定で、iOSだけでなくMacやApple TV、Apple Watchなど、Apple製品全般を対象としたアプリ開発の進展を支援します。
 
急速な経済発展をとげて、IT関連の優秀な人材も数多く生んでいるインドで、数万人規模の技術者によるアプリ開発を後押しすることは、Appleにとって長期的な大きな資産となると考えられます。

 
 
Source:Economic Times
Photo:Apple Insider
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる