トップページ > iPhone7s > iPhone8以降もサムスンがディスプレイを供給か―他サプライヤーを語るのは時期尚早
2016年7月18日 17時31分

読了まで 23

iPhone8以降もサムスンがディスプレイを供給か―他サプライヤーを語るのは時期尚早

iphone アップル oled


 
2017年以降にリリースされる予定のiPhone8ではOLEDディスプレイが搭載されると言われています。ディスプレイのサプライヤーとしては、サムスン以外に複数のメーカーが名乗りを挙げていますが、向こう数年はサムスンが優位にある状況には変わりないようです。

量産ラインが整ってからも課題はある

来年登場すると言われているiPhone8のOLEDディスプレイについては、サムスンが独占的に供給を行うとの見方が一般的ですが、2018年にはサムスンのほか、LGJDI、Foxconnのバックアップを受けたシャープなどがサプライヤーとして、受注獲得の競争に加わる旨を発表し、ディスプレイの生産ラインを再構築しています。
 
ところが、IDC証券のアナリスト陳建助氏によると、少なくとも2年はサムスンが優位にある状況は変わりないそうです。理由として同氏は、安定した量産体制を築くのに1〜2年かかるほか、品質がアップルの要求に見合うかどうかも観察を続けなければいけないことを挙げています。
 
現状では、スマートフォン向けのOLEDディスプレイを量産しているのは世界でサムスンのみであることから、他サプライヤーがサムスンの量産レベルと品質に追いつけるかどうかが先決ということでしょう。

現時点で他サプライヤーを本格的に語るのは時期尚早

サプライヤー同士を競争させることで、コストをカットしたいとの思惑もあり、アップルは平均して2〜3のサプライヤーと契約を行いますが、これらのことから来年のみならず、当面はサムスンの独占体制となりそうです。
 
陳氏は改めて、「第2段階では、その他のサプライヤーもOLEDディスプレイの量産ラインを構築し、アップルと共同でディスプレイ開発にあたるだろう」としながらも、現時点で品質や歩留まりを語るのは時期尚早だとしています。
 
事実であれば、iPhone8以降のスマートフォン、iPhone8sやiPhone9(すべて仮称)も引き続きサムスンがメインとなって供給を行うことに変わりはなさそうですね。
 
 
Source:連合新聞網
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる