トップページ > 最新情報 > MVNOの利用者満足度は62.7%!品質でも高い満足度。事業者ではmineoがトップ
2016年6月30日 13時29分

読了まで 258

MVNOの利用者満足度は62.7%!品質でも高い満足度。事業者ではmineoがトップ

iPhone6sはSIMフリーで発売?


 
格安SIM、と言われることの多いMVNOですが、価格面だけではなく回線速度やデータ容量の点でもユーザーの満足度を獲得しており、「大手キャリアの方がよかった」というユーザーはごく少数、という調査結果が公開されました。

MVNO満足度は62.7%、「勧めたい」も67.9%

MM総研は6月28日、「国内MVNO利用状況調査」の結果を公表しました。調査は2016年3月25日から3月30日の期間、MVNO SIM利用者を対象にWebアンケートで実施され、3,690名から有効回答を得ています。
 
MVNO利用者の満足度を総合満足度と項目別の23項目について質問したところ、総合では「大変満足」「やや満足」の合計満足度は62.7%と、6割以上がMVNOに満足していることがわかりました。
 
項目別で満足度が高かったのは、「月額費用」の87.4%がトップで、以下「データ容量」69.0%、「初期費用」65.5%、「回線速度」65.2%、「回線安定性」64.1%となりました。
 
「格安SIM」として語られることの多いMVNOは、「価格は安いが品質が劣る」というイメージを持つ方も少なくありませんが、データ容量や回線品質の項目でも高い満足度を得ています。
 
現在利用しているMVNOを他人に勧めたいかの質問では、「勧めたい」が67.9%と、「勧めたくない」の5.5%に10倍以上と大差をつける結果となりました。
 
MVNO調査

「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は全項目で5%未満

大手キャリアとMVNOを23項目について比較したところ、全項目で「今のMVNOで満足」が「価格が高くてもキャリアの方がよかった」を上回りました。「価格が高くてもキャリアの方がよかった」はいずれの項目でも5%未満でした。
 
回線速度は朝、昼、夜の時間帯別に質問していますが、いずれも「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は3%未満と、MVNOの回線速度への満足度は高いといえます。4月にMMD研究所が公開した調査結果でも、MVNOの回線速度は通常使用に問題ないレベルといえるものでした。
 
MVNO調査
 
相対的に「今のMVNOで満足」の比率が低かったのは、「オプションサービス」「加入手続き」「サポート」といった項目でした。MVNOは大手キャリアのサービスから、これらの項目を省くことで低価格を実現している側面もありますが、ユーザー層の拡大につれて、これらの項目が重視される傾向は今後、強まりそうです。

満足度トップは「mineo」

MVNO事業者別の満足度では、「mineo」が71.6%でトップとなりました。mineoは、iOSのアップデートや新端末発売のたびにいち早く対応状況を確認・公開することでも知られています。以下、「BIGLOBE」が68.8%、「IIJ mio SIM」が68.7%で続いています。
 
MVNO調査
 
項目別の満足度は、オプションサービスでは「BIGLOBE SIM」、容量シェアサービスでは「mineo」、追加SIM初期費用では「OCNモバイルONE」がそれぞれトップとなりました。
 
契約時に重視した点23項目について、「大変重視した」「やや重視した」の合計が高かったのは「月額費用」が95.6%と、ほぼ全員でした。以下、「初期費用」68.7%、「回線速度」66.6%、「回線安定性」66.1%、「データ容量」62.0%で続き、費用面だけでなく回線品質も重視されている傾向があります。

3月末で約540万回線と市場は拡大、今後はオプションサービスなどが重視されるか

調査結果についてMM総研は、独自サービス型SIMの市場規模は2016年3月末で539.4万回線と市場が拡大しており、ユーザー層が30~40代男性中心から若い女性やファミリー層まで浸透しているとして、今後は大手キャリアが提供してきたオプションサービスなども重視されるだろう、と分析しています。

 
 
Source:MM総研
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる