Huawei、独自OSの開発に乗り出す

HUAWEI EMUI

HUAWEI EMUI
 
Huaweiが、Android OSではなく自社OSの開発に乗り出す方針であることが分かりました。グーグル依存からの脱却を図るためとみられています。

脱グーグルが中国ベンダー界に流行?

中国ベンダーがAndroid独自バージョンにかける熱意には目を見張るものがあります。例えばCyanogenModを使えなくなったOnePlusは、改めて独自OSのOxygenOS(O2S)やHydrogenOS(H2OS)を作っていますし、MeizuはFlameOS、XioamiはMIUIを持っています。これらはいずれもAndroidフォークバージョンをベースとしたカスタマイズOSですが、正規版にはない自由度の高さがウリです。
 
本来のAndroidにはプレインストールされている、GmailやGoogleマップのアプリが使用できないといった問題があるものの、アプリストアである「Google Play」をインストールすることはそれほど難しい話ではりませんし、ベンダーそれぞれが独自のアプリストアを展開しているため、ユーザーが不便を感じることはありません。

好評を得ているEMUIがベースか

こういった流れのなかで、世界3位のシェアを持つHuaweiも、独自のOSを自社端末に搭載していく方針を固めたようです。背景は「将来的にHuaweiとグーグルの関係が悪化した場合に備えて」とのこと。どうして関係がこじれるのかは分かりませんが、Androidが独占禁止法絡みで睨まれていることが理由の1つとしてあるのかも知れません。
 
HUAWEI EMUI
 
どのようなOSになるかはまだ発表されていませんが、これまで一部の端末に提供してきたEMUIがベースになるのではないかとされています。iOSに似ているとして批判を浴びている同UIですが、元アップルのデザイナーを雇用していることを思えば意識していることは間違いありません。ひとまず、公式発表に期待したいところですね。
 
 
Source:GIZMOCHINA
Photo:YouTube
(kihachi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

特集

目次