2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple役員、iMessageのAndroidへの公開の噂を否定!その2つの理由

    iMessage iOS Android

    iMessage iOS Android
     
    iPhoneやiPadのiMessageAndroidにも提供される、との噂がありましたが、Appleの役員が2つの理由を挙げて否定しました。

    iMessegeのAndroidへの開放はしない、その2つの理由とは

    WWDC 2016の開始前、iMessageがAndroidにも提供されるのではないか、との噂が流れましたが、WWDCではiOS10のiMessageについて、スタンプの導入やデコレーション機能は発表されたものの、Androidへの提供に関連した発表はありませんでした。
     
    米メディアのThe Vergeは、Appleの役員がこの噂を真っ向から否定した、と報じています。
     
    名前は明かされていませんが、Appleの役員はその理由を2つ挙げています
     
    ひとつは、iMessageはすでに世界で10億人の利用者を持っており、仮に今後AI開発のために膨大なユーザー数が必要になるとしても、Androidにユーザー層を広げる必要性がないため。
     
    もうひとつは、Apple製品でだけ動作するメッセージングアプリのプラットホームを持つことは、Apple製品の魅力であり、販売にも貢献しているため、とのことです。

    LINEやFacebookとは別路線

    OSをまたいだメッセージングといえば、LINEや、最近アップデートで大幅な機能強化がされたFacebookのMessengerが思い浮かびますが、AppleがiMessageで目指す方向性は異なるようです。

     
     
    Source:The Verge
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次