トップページ > Mac > 【WWDC速報】macOS Sierraが発表!Siriの搭載などのビッグニュース
2016年6月14日 03時50分

読了まで 244

【WWDC速報】macOS Sierraが発表!Siriの搭載などのビッグニュース

sierra
 
WWDCでOS Xの名称変更が発表されるとの噂が流れていましたが、予想が当たりmacOS Sierraが発表されました。
 
ほかにもSiriが搭載されるなど、大きな発表が続きました。

OSの名前が変更、新しい名前はmacOS Sierra(シエラ)

WWDC macOS
 
15年間親しんだ「OS X」の名前が代わり、「macOS」になります。バージョン名は「Sierra(シエラ)」になると発表がありました。

Apple Watchでログインが可能に

身につけているApple Watchを使って、macにログインすることができるようになります。

Universal Clipboard機能の実装

macやiOSなど、すべての端末でクリップボードの内容を共有できる、Universal Clipboard機能が実装されます。
 
たとえばmacでコピーした文章を、iPhoneでペーストできるようになります。

iCloud Driveが強化

WWDC macOS
 
従来のiCloud Driveでは、特定のフォルダにおいたファイルしか共有されませんでした。
 
しかし、macOS Sierraでは、デスクトップにおいてあるファイルも共有出来るようになります。
 
また、ファイルが作られた日付を自動的に判断し、新しいファイルと古いファイルを整理する「Optimized Storage」機能でクラウド容量を節約してくれます。

Apple PayをMacでも利用可能に


 
Apple PayをMacでも利用できるようになりました。
 
WWDC macOS
 
店舗にiMacを持ち込んでスキャンさせるというジョーク画像が流れ、会場が笑いに包まれました。
 
実際には、オンライン決済ができるようになるというものです。
 
WWDC macOS
 
アメリカ、イギリス、カナダなど9ヵ国に対応したオンラインショップの公開が明らかになりました。
 
WWDC macOS

すべてのアプリケーションがタブ化

macOS Sierraでは、すべてのアプリケーションをタブ化することができるようになります。
 
また、Apple Pay対応の通販サイトでは、決済をiPhoneの指紋認証ですることが可能になります。

MacにSiriが搭載!

WWDC macOS
 
ついにMacにもパーソナルアシスタントSiriがやってきます。
 
たとえば、Siriを使ってFinderで画像を探せるようになりました。
 

 
また、フルスクリーン時にもSiriを利用することが可能で、Siriに検索して貰った結果を作業中のファイルにドラッグ&ドロップで貼り付けることができます。
 

 
Universal Clipboard機能も活用すると、例えばiPadで描いたイラストをコピーし、Macの作業中のフォルダに貼り付ける、という一連の動作をSiriに指示することができるようになります。
 
WWDC macOS

パブリックベータは7月、ベータは秋より配布予定

OS名の変更から、Siriの搭載、Apple Payなど大きな発表が多かったmacOS。
 
macOS Sierraのデベロッパー版は今日から配布を開始し、パブリックベータ版は7月、一般向けは秋ごろの配布を予定しています。
 
watchOS3も秋頃の配布予定とのことで、秋が待ち遠しいですね!

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる