トップページ > Apple Watch > 【WWDC速報】watchOS3が発表!7倍の起動速度に多数の新機能
2016年6月14日 03時01分

読了まで 247

【WWDC速報】watchOS3が発表!7倍の起動速度に多数の新機能

WWDC Watch OS
 
WWDCの基調講演で、Apple WatchのOSであるwatchOSの新バージョン、watchOS3が発表されました。
 
起動速度の向上、Dockの追加、コントロールセンターの実装など、アップデート内容は多岐にわたります。

起動速度の向上

watchOS3では、これまでと比べてアプリの起動速度が7倍に向上します。
 
バックグラウンド更新や、好きなアプリを常駐化させることが可能になります。
 

 
他にもiOSの新機能との連携などもあるようです。

多数の機能追加


 
Dock」が搭載され、アプリケーションの起動がスムーズになります。動画が公開されていたので、ご覧ください。
 
バックグラウンドに待機させているアプリをすぐに起動することができ、またDockからアプリケーションの状態の確認も可能です。
 
また、これまでApple Watchには「コントロールセンター」がありませんでしたが、watchOS3から「コントロールセンター」が実装されることが分かりました。

手書き機能を追加

英語だけでなく、中国語にも対応した手書き機能が追加されます。

ウォッチフェイスにミニーが!

これまで、ミッキーマウスのウォッチフェイスはありましたが、ミニーマウスのウォッチフェイスはありませんでした。
 
しかし、watchOS3では、ミニーマウスのウォッチフェイスが追加されます。
 
WWDC Watch OS3
 
手のひらが時計の針の代わりになっていて、とってもキュート!
 
また、ウォッチフェイスをスワイプで変更することもできるようになります。

緊急電話が簡単にかけられるように

Apple Watchの側面ボタンを押すことで、緊急電話をすぐにかけることができるようになります。
 
WWDC Watch OS3
 
表示も「SOS」となっており、非常に分かりやすいですね。
 
さらにこの緊急電話機能、車いすの方も使えるように、車いすを移動させる手首の動きを検知し、運動パターンの解析もされています。
 
アメリカ以外でも緊急電話が使えるようになり、また緊急電話のあとにはApple Watchに医療情報を表示、iPhoneからの緊急メールを発信することもできます。

健康面のサポート機能も充実


 
緊急電話機能の強化ももちろんですが、「Breathe」というユニークなアプリも実装されます。
 
定期的に深呼吸を促すようにアプリケーションから指示がはいり、その結果健康状態がよくなると強く力説していました。
 
確かに、公開された動画を見ると、思わずつられて深呼吸したくなるので、あながち大げさではないかもしれません!

友人と共有出来るアクティビティ機能


 
watchOS3のデモでは、アクティビティ機能が紹介されました。
 
WWDC Watch OS3
 
ToDoなどのアクティビティを表示でき、またそれを友人と比べて競うことができます。

アップデートは秋、もちろん無料です!

watchOS3のアップデートは秋ごろ行われ、無料で適用できるとのことです。
 
Apple Watchを持っている人は、秋が待ち遠しいですね。また、この発表を見てApple Watchが欲しくなった人もいるのではないでしょうか?予想をいい意味で裏切る大幅なアップデート情報の速報でした!
 
 
(かえで)
 
©Disney

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる