トップページ > 最新情報 > iTunes、またしても数年以内に楽曲DL販売を終了するとの噂が浮上
2016年6月9日 16時27分

読了まで 148

iTunes、またしても数年以内に楽曲DL販売を終了するとの噂が浮上

itunes12.4


 
またしてもiTunesで楽曲のダウンロード販売がなくなるのでは、との観測が持ち上がっています。

大きく売り上げが落ち込むiTunes

アップルiTunesソフトウェアアーキテクチャを一新することを明らかにしたばかりですが、やはり同社の音楽ビジネスの主力は音楽ストリーミング配信型のApple Musicであり、曲をダウンロードして購入するというスタイルは傍流になりつつあることは否めません。
 
事実、2012年には39億ドル(約4,200億円)あったiTunesでの楽曲売り上げは、2019年に6億ドル(約640億円)ほどにまで落ち込むと見られています。
 
情報筋が明らかにしたところによると、来週から開催されるWWDCにて、アップルはApple MusicとiTunesの共存をアピールするそうですが、その一方で同社はiTunesの楽曲ダウンロード終了に向けて軟着陸を狙う方向で計画を進めているようです。

WWDCでは出口戦略の手がかりに着目

以前にも3~4年以内にiTunesでの楽曲販売が終了するという噂をきっかけに、アップルの報道官Tom Neumayr氏が異例の否定コメントを出す事態にまで発展しましたが、わざわざそのようなコメントを出すあたりにアップルが現状を重く見ていると考えることも出来ます。
 
楽曲ダウンロード市場が縮小傾向にあることを踏まえ、出口戦略を練っていることは確かであるだけに、ひとまずWWDC 2016でどのような手がかりが得られるかに注目したいところです。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる