トップページ > iPhoneの使い方 > インターネット > 不要なデータ通信を防ぐために「Wi-Fiアシスト」設定を見直す
2017年3月1日 00時00分

読了まで 213

不要なデータ通信を防ぐために「Wi-Fiアシスト」設定を見直す

Wi-Fiアシストの設定方法
 
Wi-Fiをメインで使っているのに、知らないうちにモバイルデータ通信をしていて、高額なパケット利用料を請求された……いわゆる”パケ死“の原因になる、iPhoneの設定があります。
 
パケット使い放題に入っていない人や、パケットの使いすぎで速度制限されるのが嫌な人は、「Wi-Fiアシスト」設定を今すぐ見直しましょう。

自動でモバイルデータ通信を行う「Wi-Fiアシスト」

Wi-Fiアシスト」とは、Wi-Fiの電波が不安定なとき、自動でモバイルデータ通信に切り替える機能です。
 
iOS9から追加された機能で、標準でオンになってます。そのため、Wi-Fiをメインに使っている人が、知らないうちに3G回線やLTE回線を使っていて、パケット代が高くなる、ということが起こる可能性があります。
 
過去には、この設定がオンになっていることを知らずに、Wi-Fiでネットをしているつもりが24万円もの携帯料金を請求されてしまった事例があり、訴訟問題にまで発展しています。
 
その後、AppleはiOS9.3から「Wi-Fiアシスト」で使用したモバイルデータ通信のパケット量を表示するように変更しましたが、標準でオンなのは変わっていないので、気になる人はオフにしておきましょう。

「Wi-Fiアシスト」をオフにする手順

1
「設定」→「モバイルデータ通信」の順にタップ
 Wi-Fiアシストの設定方法

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「モバイルデータ通信」をタップします
  •  

    2
    「Wi-Fiアシスト」をタップしてオフにする
     Wi-Fiアシストの設定方法

  • Wi-Fiアシストは、一番下までスクロールすると表示されます。タップしてオフ(白)にしましょう
  •  
    このWi-Fiアシストという文字の下に書かれているのが、Wi-Fiアシスト機能で使われた3G/LTE回線のパケット使用量です。
     
    知らないうちに結構な量のパケットを使っていた、なんてことがないように、改めて設定をチェックしておくと安心ですよ。

     
     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる