トップページ > 最新情報 > 6月13日から始まるWWDC、基調講演の招待状が正式に送られる
2016年6月2日 16時35分

読了まで 156

6月13日から始まるWWDC、基調講演の招待状が正式に送られる

WWDC 2016
 
アップルが関係者に向けて、正式に6月13~17日に開催されるWWDCの招待状を送りました。

iOS10が登場のみ込み

アップルはプレス関係者に対し、開発者向けイベントであるWWDC 2016の招待状を送り、6月13日から17日にかけて開催されることを公式に明らかとしました。
 
基調講演は13日にサンフランシスコのBill Graham Civic Auditoriumで行われます。今回のWWDCは少々変わっており、通常はMoscone Westで行われてきた基調公演が、今年はBill Grahamで行われることになっています(残りのイベントはMoscone Westで開催)。
 
WWDC 2016
 
今回のWWDCでは、恒例となったiPhoneやiPad向けのiOS10、Mac用のOS X、Apple TVのtvOS、Apple WatchのwatchOSとアップル製品の新OSのほか、Apple Musicの歌詞対応や、Mac OS X 10.12でのSiri対応などが予想されています。また、サードパーティ製アプリでSiriを使用できる「Siri SDK」についても何らかの言及がなされると見込まれています。

Apple Watch 2は今回見送りか

一方で、Thunderbolt Displayの新作や、Apple Watch 2などハードウェアは、発表が見送られる公算が高そうです。Thunderbolt Displayについては在庫調整がなされているものの、GPUを内蔵する形で2016年後半の発表が、Apple Watch 2については技術的な問題からiPhone7と同時発表という報道が、続けざまになされたばかりです。
 
現地時間で午前10時(日本時間:翌午前2時)より始まる同キーノートは、生中継される予定です。
 
 
Source:9to5Mac
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる