トップページ > 最新情報 > Apple、Siriをサードパーティに公開へ!組み込みアプリなどが作成可能に
2016年5月25日 08時35分

読了まで 143

Apple、Siriをサードパーティに公開へ!組み込みアプリなどが作成可能に

siri Apple 解放
 
GoogleやAmazon、マイクロソフトなどIT各社がパーソナルアシスタント機能の開発に努めていますが、Appleはこれらに対抗して、同社のパーソナルアシスタント機能であるSiriサードパーティに公開する方針であることが、複数メディアの報道で明らかとなりました。

Siriを組み込んだサードパーティー製のアプリが開発可能に

マイクロソフトのCortanaや、AmazonのAmazon Echo、最近であれば、Googleが先日の開発者向けカンファレンスGoogle I/O 2016において、Google Homeを発表しましたが、Appleはこれらに対抗して、Siriをサードパーティに開放します
 
報道によれば、Appleは、同社のパーソナルアシスタントのSiriをサードパーティにも公開し、サードパーティがアプリを制作する際にSiriを組み込み可能となるよう、仕様を変更する模様です。
 
6月に開催されるAppleの開発者向けカンファレンスWWDC 2016において発表するものとみられますが、いつからアプリの開発が可能になるのかについては、今のところ明らかでありません。
 
次期OS XではSiriが利用可能になるかもしれないといったもありますが、来月のWWDC 2016ではSiri関連の発表が複数ありそうです。
 
 
Source:9to5Mac
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる