トップページ > 最新情報 > さらに薄く・軽くなる新型MacBook Pro、Touch ID搭載など大幅改良へ!
2016年5月25日 12時22分

読了まで 210

さらに薄く・軽くなる新型MacBook Pro、Touch ID搭載など大幅改良へ!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

macbook pro 2015
 
2016年度第4四半期に発表が予定されているMacBook Proは、これまで以上に薄く、OLEDのタッチバーとTouch IDが搭載されるとの観測が登場しました。

薄型化・軽量化に加え、OLEDタッチバーも新搭載

KGI証券の名物アナリストであるMing-Chi Kuo氏のレポートによると、アップルは2016年度にMacBook Proを大きく変革するとのことで、これまで以上に「薄く軽く」、「現行の12インチMacBookのデザインを踏襲し」、「Touch IDとキーボードの上部にOLEDタッチバーを搭載」すると同氏は見込んでいます。なお、これまで同様に13インチと15インチモデルの2モデル体制が継続されるとのことです。
 
薄型・軽量化はこれまで予想されてきたとおりで、メタルインジェクション(MIM:金属粉末射出成型法)と呼ばれる方法で形成された新たなヒンジを用いることで「これまでにない薄型」となる可能性が先月にも伝えられていました。
 
なお、OLEDタッチバーは現行モデルの物理ファンクションキーから置き換えられ、Touch IDについてもiPhoneを通してのみではなくMacBook単体でも解除できるようになるとされています。この他にもUSB-CポートやThunderbolt3の対応が見込まれています。

2016年もっともアップルで注目すべき製品?

macbook
 
また、これまでMacBookを新たに購入しようとするユーザーに立ちはだかる壁の1つとして、MacBookシリーズのどれを選べば良いのか分からない(軽さならMacBook AirだがRetinaディスプレイではない、MacBookはディスプレイサイズが半端、MacBook Proは高性能だが高いし重い…)というものがありましたが、今回のテコ入れによってアップルは、MacBook Airをエントリーレベル、MacBookをミッドレベル、MacBook Proをハイエンドレベルと明確に位置づけていく方針を打ち出すとのことです。
 
iPhone7については驚くような内容ではないと悲観的な態度をとったKuo氏でしたが、今回のMacBook Proアップデートは2016年における「アップルのハイライト」になると予測しているだけに、否が応でも期待が高まりますね。
 
 
Source:9to5Mac
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報, Mac  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる