トップページ > 最新情報 > 2016年に発売されるMacBookはこれまでにない「超薄型」モデルになる見込み
2016年4月15日 21時24分

読了まで 152

2016年に発売されるMacBookはこれまでにない「超薄型」モデルになる見込み

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

MacBook
 
2016年に発表されるMacBookは、新たなヒンジを採用した「超薄型」MacBookとなる可能性が高まってきました。

MacBook Airより薄い?

昨年11月にアップルがMacBookの内部部品を新調し、よりスリムなデザインにするのではとの観測が流れましたが、ニュースサイトDigiTimesによると、メタルインジェクション(MIM:金属粉末射出成型法)と呼ばれる方法で形成された新たなヒンジを用いることによって、これまでにない薄さのMacBookが登場するとのことです。
 
今回用いられるMIMは、これまでアップル製品においてはiPhoneやApple Watchなど比較的小型のデバイスに使われてきた製法で、極小の内部パーツを形成するのに用いられます。そのため、MacBookほどの製品にMIMが使用されるとなれば、当然これまでにない小型のヒンジが使われることになるわけで、「超薄型」のMacBookが実現することになります。
 
macbook
 
マイクロソフトのMicrosoft Surface 4をはじめとして、すでに世界的に薄型ヒンジの供給に成功しているアメリカのAmphenolがサプライヤーになるとみられていますが、既存の中国パートナーであるShin Zu ShingやJarllytecといったサプライヤーがどう動くかに注目が集まっています。なお、同サイトによれば、バッテリーでも同じような覇権争いが台湾と中国のサプライヤー同士で見られているとのことです。
 
超薄型」MacBookの登場は、ひとまず6月に開催されるWWDC後となる見込みです。
 
 
Source:DigiTimes, Mac Rumors
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報, Mac  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる