トップページ > 最新情報 > カメラの出っ張り消滅!「iPhone7」とされるダミー筐体を海外メディアが報じる
2016年5月10日 08時14分

読了まで 151

カメラの出っ張り消滅!「iPhone7」とされるダミー筐体を海外メディアが報じる

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone7 リーク画像
 
今年も例年通り行けば、9月に新型iPhone「iPhone7」が登場することが予想されますが、海外ニュースメディア『MacRumors』は、iPhone7のものとされるダミーユニットが匿名の提供者から送られてきたことを報じています。

複数の特徴が確認できるダミーユニット

今回、『MacRumors』が報じているダミーユニットは背面のみですので、フロントがどのようになっているのかは分かりませんが、まずiPhone6/6 Plus以降の機種で登場したアンテナラインは消えているほか、カメラの出っ張りが完全に消えていることも確認できます。iPhoneはこれまでのアップグレードで順当にカメラ性能のアップを重ねてきましたから、今回のアップグレードでもさらなる進化をとげることが予想されますが、iPhone7では部品の小型化が実現出来たということでしょうか。
 
昨日ご紹介したiPhone7の3DレンダリングCAD画像では、カメラの大型化が見られましたが、今回のダミーユニットではそのような特徴が確認できません
 
また、Smart Connectorと見られる端子が確認できるほか、イヤホンジャックと見られる穴も確認できますが、特にイヤホンジャックが見られる点についてはこれまでの噂とやや異なる点です。
 
Smart Connectorには搭載するという説と搭載しないという説が混在していますが、今回のダミーユニットが本物であるとすればやはり、Smart Connectorは搭載するということになります。
 
色々と気になる点の多い今回のリークですが、果たして本物なのでしょうか。
 
 
Source:MacRumors
(クロス)

カテゴリ : 最新情報, iPhone7  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる