トップページ > iPhoneの使い方 > 写真&動画 > 動く写真「Live Photos」を静止画に変換する方法
2017年3月1日 00時00分

読了まで 24

動く写真「Live Photos」を静止画に変換する方法

Live Photos 複製 静止画像
 
iPhone6s/6s plusiPhone SEに搭載されている、”動く写真”が撮れるLive Photos」機能は、数秒間の動く画像として保存される仕組みです。例えば誤ってLive Photosをオンにしたまま撮影してしまい、静止画として撮影したかったなー…と後悔することもあったのではないでしょうか。
 
iOS9.3のアップデートより、そんな悩みを解決する、Live Photos形式の画像から静止画のみを切り出す機能が搭載されました。今回はその手順について解説します!

Live Photosから静止画として複製する手順

1
「写真」アプリでLive Photos形式の画像を開く
Live Photos 複製 静止画像

  • ホーム画面から「写真」アプリを起動し、Live Photosで撮影した画像を表示します
  • そして左下にある、□に↑マーク(共有ボタン)をタップします
  •  

    2
    共有ボタン→「複製」をタップする
    Live Photos 複製 静止画像

  • 「複製」をタップします
  •  

    3
    Live Photosから静止画像として複製する
    Live Photos 複製 静止画像

  • Live Photosの場合は、「複製」をタップすると、このような確認画面が表示されます。「静止画像として複製」をタップしましょう
  • 「複製」をタップした場合は、Live Photos形式の画像を複製します
  •  

    Live Photos 複製 静止画像

  • Live Photosで保存した画像から、新たにカメラロールに静止画像として保存されました
  •  
    以上の簡単な操作で、Live Photosを静止画として複製することができました。静止画として保存しているため、Live Photosの”動く写真”の機能はなくなり、単なる静止画像に変換されて複製されます。
     


    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる