トップページ > Mac > 6月に13インチと15インチのさらに薄いMacBookが登場するとの「噂」
2016年3月23日 06時00分

読了まで 141

6月に13インチと15インチのさらに薄いMacBookが登場するとの「噂」

12-inch-macbook-side-small


 
Appleが、現行のMacBook Airよりも薄いMacBookを、6月末に出荷開始するとの情報を、台湾DigiTimesが報じています。

Skylake搭載でさらなる薄型化が実現か

DigiTimesによれば、Appleは13インチと15インチの2モデルを準備しており、デザインは既存の12インチMacBookとほぼ同じ、厚みは既存のMacBook Airよりも薄くなるとのことです。
 
もしこれが事実だとすれば、毎年6月に開催されるAppleの世界開発者会議(WWDC)で新MacBookが発表される可能性が高くなります。
 
米9to5Macはこの報道について、次期MacBookが搭載する見込みのIntel「Skylake」プロセッサのデビューも春頃と考えられていることから、「それほど的外れではないのでは」と述べています。Skylakeプロセッサの特徴は高い電力効率であるため、薄型化が実現するからです。

WWDCでの発表に期待

Apple製品に詳しいKGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏も、2016年版MacBookは遅くとも6月までにリリースされると予測しており、WWDCでMacBook関連の発表があることが期待できそうです。
 
 
Source:DigiTimes, 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる