2016年版MacBook、大幅性能向上で6月までには登場する見通し

    macbook

    macbook
     
    KGI証券のアナリストによれば、2016年版のMacBookが数か月以内に発表されるようです。

    好調な伸びをみせるMacBook


    次世代アップル製品のリーク情報に詳しいKGI証券のMing-Chi Kuo氏によれば、アップルは従来のシリーズをアップグレードさせた2016年MacBookを、遅くとも6月までにはリリースする用意があるそうです。
     
    苦戦を強いられているiPadシリーズと異なり、同氏によれば、MacBookは好調な成長を続けており、特にビジネス向けのモデルは今後も更なる「堅調な伸び」を示していくとされています。

    Skylake搭載で大幅性能向上か


    スペックの詳細については分かっていませんが、Intelの製造する14nmプロセスのSkylakeプロセッサが搭載されるものとみられており、実現することになれば、現行のBroadwellプロセッサに比べ、10~20%の処理速度改善と、省電力性能が30%アップ、グラフィック性能面でも16~41%の処理速度処理速度向上が見込まれます。
     
    なお、これまでの観測では、現行の11インチバージョンが廃止され、15インチが新たに登場するとされています。ひとまず6月13日から行われる予定のWWDCに期待と言ったところでしょうか。
     
     
    Source:AppleInsider
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次