トップページ > iPhoneの使い方 > 写真&動画 > グリッドを表示して上手く写真撮影するテクニック
2017年3月1日 00時00分

読了まで 24

グリッドを表示して上手く写真撮影するテクニック

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

写真をうまく撮影したい

A.

iPhoneの標準アプリ「カメラ」を使って写真撮影するときは、グリッド線を表示することで、構図を決める参考にできたり、傾かない水平な写真を撮影することができます。

 
グリッドを表示する設定
グリッドを参考に撮影する
 

グリッドを表示する設定

かんたんステップ

2ステップ
約3分
  • STEP1

    「設定」→「写真とカメラ」

  • STEP2

    「グリッド」をオン

1
設定アプリから、写真とカメラの設定を開く
iPhoneの説明書 写真 カメラ 撮影 グリッド

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「写真とカメラ」をタップします
  •  

    2
    グリッドを表示する
    iPhoneの説明書 写真 カメラ 撮影 グリッド

  • 「グリッド」をタップしてオン(緑)にします。これでグリッドが表示されるようになります
  •  

     

    グリッドを参考に撮影する

    グリッドを活用するメリットとして、撮影時の写真の構図を予め決めやすいという利点があります。うまく撮れたと思った写真でも、グリッドを表示してみると、実は少しずれていることもあります。
     

  • 左側がグリッドがない撮影画面で、右側がグリッドを表示した状態です。縦横2本ずつの線が交差して、四角形が9つ並んでいるような表示になります
  • グリッドを表示したまま写真を撮影しても、保存される写真にはグリッド線は入りません。撮影時の参考として利用できるもので、保存される写真内容には含まれません
  • iPhoneの説明書 写真 カメラ 撮影 グリッド iPhoneの説明書 写真 カメラ 撮影 グリッド

     

    iPhoneの説明書 写真 カメラ 撮影 グリッド

  • オブジェがこのように配置されていたとき、グリッドを使って撮影してみます
  •  

    iPhoneの説明書 写真 カメラ 撮影 グリッド

  • うまく画面内に収めるのに、グリッドの線が参考になります
  •  

     

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる