【iOS15】どこが変わった?「FaceTime」の新機能・変更点 - iPhone Mania
トップページ > iPhoneの使い方 > iOS15新機能・変更 > 【iOS15】どこが変わった?「FaceTime」の新機能・変更点
2022年2月4日 16時11分

読了まで 251

【iOS15】どこが変わった?「FaceTime」の新機能・変更点

iOS15アップデートでは、FaceTimeはどこが変わった?

A.

iOS15のFaceTimeでは、画面表示やアプリのコンテンツを通話中の相手と共有できる機能が追加されました。オンライン会議を円滑に進めるだけでなく、離れていてもアプリで音楽や映画を一緒に楽しめるようになりました。

FaceTimeのiOS15新機能まとめ

  • 「新しいFaceTime」→連絡先を選択して発信→「画面を共有」をタップをすると、相手と画面を共有することができます
  •  

  • 【iOS15】FaceTime通話でiPhoneの画面を共有する方法
  •  
     

  • 「画面を共有」してからミュージックアプリを開くと、自動的に「SharePlay」され一緒にコンテンツを視聴することができます。相手側も操作が可能です
  •  

  • 【iOS15】FaceTime通話で「SharePlay」を使用する方法
  •  
     

  • 4人~6人で参加する場合、通話中に「グリッド」アイコンが表示されます。タップすると、参加者を同サイズ、等間隔で表示できます
  •  

  • 【iOS15】FaceTime通話でグリッドビューを使用する方法
  •  
     

  • AirPodsなど空間オーディオ対応のイヤホンをBluetooth接続→通話を開始し、スピーカーのアイコンをタップ→対応機器を選択→コントロールセンターを表示→音量調節アイコンを長押し→「ステレオを空間化」をタップすると、配置されたそれぞれの相手の位置から音声が聞こえるように感じます
  •  

  • 【iOS15】FaceTimeで空間オーディオを利用する方法
  •  
     

  • 通話中に自分が写っている画面をタップ→左上の人のアイコンをタップすると、ポートレートモードになり背景をぼかすことができます
  •  

  • 【iOS15】FaceTime通話で背景をぼかす「ポートレートモード」の使い方
  •  
     

  • 通話中にコントロールセンターを表示→「マイクモード」→「声を分離」を選択すると、周囲の音が遮断されます。「ワイドスペクトル」を選択すると、周囲の音をすべて取り込んで通話することができます
  •  

  • 【iOS15】FaceTime通話で雑音を遮断する機能の使い方
  •  
     

  • 「リンクを作成」→「名前を追加」→リンク名を入力して「OK」→リンクを共有するアプリを選択して送信すると、Appleデバイス以外の相手でもFaceTimeに招待することができます
  •  

  • 【iOS15】Appleデバイス以外でもFaceTime通話をする方法
  •  
     

  • カレンダーアプリを起動→新規イベントを作成→「場所またはビデオ通話」の項目にFaceTimeを指定すると、指定した時刻とイベント名のリンクがFaceTimeに作成されます。必要であれば通知を設定することも可能です
  •  

  • 【iOS15】カレンダーアプリからFaceTimeのリンクを作成する方法
  •  
     
    (ryou)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる