トップページ > iPhoneの使い方 > iOS13新機能・変更 > 【iOS13】データ通信量を節約できる「省データモード」の解説と設定方法
2019年12月13日 21時21分

読了まで 221

【iOS13】データ通信量を節約できる「省データモード」の解説と設定方法


 
iOS13アップデートで追加された「省データモード」を設定すると、モバイル通信や特定のWi-Fiでのデータ通信量を抑えることができます。
 
この設定の大きなメリットは、通信手段ごとに省データモードを設定できるため、モバイル通信では省データモードにして、Wi-Fiでは特に制限をしないという使い方が可能になるところです。
 
また、省データモードを設定することは、データ通信量だけでなくバッテリーの消費を抑えることにも繋がります。

省データモードにするとどうなる?

省データモードにすると、以下の方法でデータ通信量を抑えます。
 

  • 「Appのバックグラウンド更新」がオフになる
  • 自動ダウンロード、自動バックアップ機能が無効になる
  • iCloudへの写真の自動アップデートが無効になる
  • コンテンツのストリーミングをする際に、品質が低下する
 
具体的に標準アプリでは、例えばApp Storeのアプリの自動アップデートや自動ダウンロードが無効になります。
 
ミュージックでは高音質ストリーミングが無効になり、FaceTimeではビデオのビットレートが低下します。
 
こういった制限は、標準アプリ以外のアプリでも、省データモードに対応しているアプリであれば、同様に反映されます。
 
また、省データモード中にアプリのダウンロードなどを行おうとすると、メッセージが表示されます。
 
省データモードを使う

モバイルデータ通信で省データモードを使う

 

1
「設定」の「モバイル通信」をタップ
省データモードを使う

 

2
「通信のオプション」をタップ
省データモードを使う

 

3
「省データモード」をオン
省データモードを使う

Wi-Fiで省データモードを使う

 

1
「設定」のWi-Fiをタップ
省データモードを使う

 

2
省データモードを設定したいWi-Fiをタップ
省データモードを使う

 

3
「省データモード」をオン
省データモードを使う

 
 
(かえで)
 
 

 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる