トップページ > iPhoneの使い方 > iOS13新機能・変更 > 【iOS13】「ファイル」アプリで書類をスキャンして、画像で保存する方法
2019年11月6日 10時51分

読了まで 216

【iOS13】「ファイル」アプリで書類をスキャンして、画像で保存する方法

書類をスキャン
 
iOS13アップデートで、ファイルアプリに「書類をスキャン」する機能が追加されました。この機能を使うと、スキャナーアプリを使わずに、書類をスキャンして画像として保存することができます。
 
この記事では、「書類をスキャン」の使い方を解説します。

「書類をスキャン」を起動する

 

1
「ファイル」アプリを開く
書類をスキャン

 

2
右上の「・・・」をタップ
書類をスキャン

 

3
「書類をスキャン」をタップ
書類をスキャン

 
以上の手順で、書類をスキャンするためのカメラが起動し、スキャンが可能になります。

実際にスキャンをする

 

1
起動したカメラで書類を写す
書類をスキャン

 

2
スキャンしたい部分が選択されたら、シャッターボタンを押す
書類をスキャン

  • 今回は例として、マクドナルドの紙袋の側面を使用しています。
  •  

    3
    スキャンする範囲を調整する
    書類をスキャン

  • スキャンしたい場所がズレていた場合は、ドラッグで微調整することができます。
  •  

    4
    「スキャンを保持」をタップ
    書類をスキャン

     

    5
    「保存」をタップ
    書類をスキャン

  • 保存をせずに戻ると、スキャンした画像は保存されません
  •  

    6
    「スキャンした書類」をタップし、名前をつける
    書類をスキャン 書類をスキャン
  • 同じ名前のファイルは上書きされるため、わかりやすい名前をつけておくと良いです
  •  

    7
    保存場所を選択して「保存」をタップ
    書類をスキャン

    スキャンした画像を確認する

    さきほど選択した保存場所に、スキャンした画像が保存されています。
     
    ローカルファイルを選んだ場合は、「ファイル」アプリの「このiPhone内」の「ローカルフォルダ」に保存されています。
     
    左がスキャンした画像、右が普通にカメラで撮影したものです。
     
    書類をスキャン 書類をスキャン
     
    角度が調整され、見やすくなっています。
     
     
    (かえで)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる