トップページ > iPhoneの使い方 > iOS13新機能・変更 > 【iOS13】Safariで開いたページを、まるごとPDFにして保存する新機能
2019年9月23日 14時55分

読了まで 21

【iOS13】Safariで開いたページを、まるごとPDFにして保存する新機能

Safariのページをまるごと保存
 
iOS13から、SafariのページをまるごとPDFファイルとして保存できるようになりました。
 
この記事では、スクリーンショット機能を使って、SafariのページをPDFとして保存する方法を解説します。

ページをまるごとPDFとして保存する手順

 

1
保存したいページをSafariで開く
Safariのページをまるごと保存

 

2
スクリーンショットを撮影する 
Safariのページをまるごと保存

  • スクリーンショットは、スリープボタンとホームボタンを同時押しすると撮影できます。
  • iPhoneの画面の表示内容を保存する「スクリーンショット」
  •  

    3
    左下のプレビューをタップ
    Safariのページをまるごと保存

     

    4
    「フルページ」をタップ
    Safariのページをまるごと保存

  • 右側をスクロールすると、保存する範囲を確認できます。
  • 下のペンを利用して、文字などを書き込むことができます。
  • iOS12で進化した「マークアップ」機能を写真やメモ帳で使う方法
  •  

    5
    「完了」をタップ
    Safariのページをまるごと保存

     

    6
    「PDFを”ファイル”に保存」をタップ
    Safariのページをまるごと保存

     
    これでファイルアプリに、ページがPDFとして保存されました。
     

    保存したファイルの保管場所は?

    保存場所は、ファイルアプリの「ダウンロード」ファイルの中です。
     
    Safariのページをまるごと保存 Safariのページをまるごと保存
     
    ■関連TIPS

  • 【iOS13】ファイルの管理が超簡単に!ダウンロードマネージャーの使い方
  •  

    保存する範囲を変更する

    上記の手順で「フルページ」で保存する際、保存する範囲を自分で設定することもできます。
     
    Safariのページをまるごと保存
     
    画像で囲ったアイコンをタップすると、トリミングモードになります。
     
    Safariのページをまるごと保存
     
    トリミングする範囲を決めると、指定した範囲だけをPDFとして保存できます。
     
     
    (かえで)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる