トップページ > iPhoneの使い方 > iOS11新機能 > 【iOS11】標準カメラアプリのフィルタ操作が変更
2017年9月1日 00時00分

読了まで 152

【iOS11】標準カメラアプリのフィルタ操作が変更

iOS11の標準カメラアプリでフィルタを使いたい

A.

iOS11の標準カメラアプリは、iOS10とくらべて大きな変化はありませんが、フィルタ適用画面の表示方法が変わっています。iOS10ではフィルタボタンを押すと9種類のフィルタがまとめて表示されていましたが、iOS11のフィルタ表示は、フィルタボタンを押すと下部にフィルタ切り替えが表示され、左右にスワイプして切り替える適用方法となっています。フィルタを適用した場合の写真プレビューを大画面で見られるようになったので、フィルタを使った撮影がスムーズになるでしょう。

iOS11の標準カメラアプリでフィルタを使う

使い方 iOS11 カメラ フィルタ

  • 標準カメラアプリを起動し、右上のフィルタボタンをタップします
  •  

    使い方 iOS11 カメラ フィルタ

  • シャッターボタン上にフィルタ切り替えが出現します。左右にスワイプして好みのフィルタに変えましょう
  •  

  • フィルタ適用中は、右上のフィルタボタンに緑・赤・青の色がつきます
  • 使い方 iOS11 カメラ フィルタ 使い方 iOS11 カメラ フィルタ

     

    iOS10では9種類のフィルタをまとめて表示する形式

     

  • iOS10での標準カメラアプリのフィルタは、9種類のフィルタを1画面にまとめて表示する形式でした。ひとつひとつの写真の大きさが小さいため、フィルタを適用したイメージがわかりにくい仕組みでした
  • 使い方 iOS11 カメラ フィルタ 使い方 iOS11 カメラ フィルタ

     

     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる