トップページ > iPhoneの使い方 > 便利な機能 > iPhoneの画面が真っ黒になったら「スリープ状態」(自動ロック)
2017年3月1日 00時00分

読了まで 28

iPhoneの画面が真っ黒になったら「スリープ状態」(自動ロック)

一定時間iPhoneを操作していないと画面が暗くなるのはなぜ?

A.

iPhoneには、バッテリーを節約し、意図しない動作を防ぐために、一定時間操作していないとスリープ状態(自動ロック)になります。ロックがかかるまでの時間はiPhoneの設定画面から変更できるほか、自動ロックさせない設定にすることもできます。
 
自動ロック中でも、電話に出たりテキストメッセージを受信することはできます。音楽を聴いたり電話で話しながら、音量を調節したりヘッドセットのマイクボタンを使うことも可能です。
 
なお、iPhoneの「スリープボタン」を押すことで、手動でロックできます。スリープボタンを押すと画面が暗くなり、スリープ状態になります。再度スリープボタンを押すか、ホームボタンを1度押すと「ロック画面」が表示されます。

自動ロックするまでの時間を変更する手順

かんたんステップ

全2ステップ
約5分
  • STEP1

    「設定」→「画面表示と明るさ」

  • STEP2

    「自動ロック」→ロック時間を設定

1
設定アプリから、画面表示設定を開く
iPhoneの説明書 スリープ状態

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「画面表示と明るさ」をタップします
  •  

    2
    自動ロックの設定を行う
    iPhoneの説明書 スリープ状態

  • 「自動ロック」をタップして進みます
  •  

    iPhoneの説明書 スリープ状態

  • 自動ロックの時間設定画面になります。右側にチェックが入っているものが現在の設定です
  • ロックまでの時間は、30秒・1分・2分・3分・4分・5分から選択できます。自動ロックをオフにする場合は「なし」を選択します
  •  

  • iOS9以降のiPhoneの場合、低電力モード中は自動ロックの時間が30秒に制限されます。この場合は、低電力モードをオフにすることで、自動ロックの時間を変更できます
  •  
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる