Google、Safariからの自社AI機能へのアクセスのブロックを検討していた

apple google

Googleは、人工知能(AI)がまとめたWeb上の情報を自動生成し、検索ワードに対する答えとして表示する「AI Overview」機能を、iPhone上でSafariでのみ動作しないようにすることを検討していたことが明らかになりました。なお、Googleは最終的にこの動きを見送ったとのことです。

目次

Safari一極集中の緩和がねらいだった?

GoogleSafariでのみAI検索機能を無効にすることを検討していたのは、iOSでいまだに圧倒的なシェアを誇るSafariブラウザへの一極集中を緩和する狙いがあったと言われています。

GoogleはSafariのデフォルト検索エンジンとして設定してもらうために年間巨額をAppleに支払っており、何とかしてこの関係性に変化をもたらしたいというのが同社の長年の願いです。

デフォルト検索エンジン設定の取引は取りやめになる可能性大

GoogleとApple間のSafariのデフォルト検索エンジンに関するこの巨額の取引は、米司法省の反トラスト法違反訴訟により、取りやめとなる可能性が高いと指摘されています。

Appleにはヨーロッパ日本の行政機関からもサードパーティーブラウザをSafariと同等に扱うよう圧力がかけられており、SafariをデフォルトブラウザとしてiOSにとどめることが難しくなりつつあるのが現状です。

AppleはOpenAIと金銭を交わさない契約結ぶ

iOS18の新機能であるApple Intelligenceのリリースにあたって、Appleは生成AIチャットボットChatGPTをiPhoneに組み込むことを見据えていますが、これに際してAppleはOpenAIといっさい金銭を交わしていないと報じられています。

AppleにはChatGPT(有料版を含む)をユーザーにオプションとして提供できるという利点があり、OpenAIにとってはAppleの持つ莫大なユーザーベースへのアクセスを得られるため、ウィンウィンの取引であるといわれています。

この両者の関係が今後GoogleとAppleとの関係性に与える影響はどうなのでしょうか。AppleはGoogleのGeminiをiPhoneに統合すると伝えられており、こちらの方向性も気になるところです。

Source: The Information via 9to5Mac

Photo: Apple

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次