トップページ > iPhone8 > 「iPhone8」のボディ、強化ガラスとステンレスフレームの組み合わせ!?

読了まで 212

「iPhone8」のボディ、強化ガラスとステンレスフレームの組み合わせ!?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone8 CM風コンセプト
 
5.8インチの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載する「iPhone8」は、ガラスとステンレス製フレームの組み合わせになる、とサプライチェーン関係者からの情報として台湾メディアDigiTimesが報じています。

5.8インチはガラスとステンレスフレーム、4.7インチは従来と同じアルミ製

Appleは今秋、現行のiPhone7/7 Plusと同じ4.7インチと5.5インチに加えて、プレミアムモデルとして5.8インチモデル「iPhone8」を発売する、と言われています。
 
DigiTimesによると、5.8インチモデルのボディは、強化ガラスとステンレス製フレームで構成され、4.7インチモデルは現行モデルと同じアルミニウム製ボディになる、とのことです。なお、5.5インチモデルについては触れられていません。

5.8インチモデルのフレームはFoxconnが製造を担当

5.8インチモデルのステンレスフレームは、Foxconnと米Jabil Circuitが製造を担当し、アルミニウムボディはCatcher Technologyが製造を担当すると伝えられています。
 
Catcher社は受注状況についてのコメントを拒否していますが、同社の2017年の売り上げ予測は前年比大きく伸びている、とDigiTimesは指摘しています。
 
2016年5月、Catcher社の代表、アレン・ホーン氏は「iPhone8」がガラス製ボディになると語り、「金属製フレームの必要性は変わらず、当社の業績に影響はない」と自信を示していました。

価格もバッテリー持続時間もアップと噂の「iPhone8」

「iPhone8」は、OLEDディスプレイ採用による製造コスト上昇のため、販売価格が1,000ドル(約11万4,000円)を超える、と噂されています。
 
また、KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、「iPhone8」は基板の密度を高めることでバッテリー容量を拡大するとともに、低消費電力のOLEDディスプレイの効果で駆動時間が従来モデルより約50%長くなる、と予測しています。
 
また、Appleが最近ワイヤレス充電方式「Qi」規格を推進する業界団体Wireless Power Consortium(WPC)に加盟したことから、「iPhone8」は「Qi」規格を採用するとも噂されています。
 
 
Source:DigiTimes
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる