【Tips】iCloudの容量が足りない時に使える!共有アルバムの使い方 - iPhone Mania
トップページ > 使い方 テクニック > 【Tips】iCloudの容量が足りない時に使える!共有アルバムの使い方
2021年11月30日 22時34分

読了まで 215

【Tips】iCloudの容量が足りない時に使える!共有アルバムの使い方

iPhoneの容量が足りなくて写真が保存できない

A.

iPhoneで写真やビデオを撮って保存したいけれど、容量が足りないときに使える機能が「共有アルバム」です。共有アルバムとは、家族や友人と写真や動画を共有する機能ですが、他の人と共有せず個人でも使用することができます。共有アルバムの写真とビデオはiCloudに保管されますが、iCloudストレージの消費としてカウントされませんので、ストレージの空きがない場合も「共有アルバム」に写真や動画をうつして、iPhone本体の写真や動画を削除しても共有アルバムには保存されます。

共有アルバムを有効にする方法

1
アカウント名をタップします
Tips 写真

  • 「設定」アプリを開き、アカウント名をタップします
  •  

    2
    iCloudをタップします
    Tips 写真

  • 「iCloud」をタップします
  •  

    3
    写真をタップします
    Tips 写真

  • 「iCloud」の「写真」をタップします
  •  

    4
    「共有アルバム」を有効にします
    Tips 写真

  • 「共有アルバム」を有効にします
  •  

    共有アルバムの設定方法

    1
    写真アプリを開きます
    Tips 写真

  • 「写真」アプリを開きます
  •  

    2
    「新規共有アルバム」をタップします
    Tips 写真

  • 「+ボタン」をタップし「新規共有アルバム」をタップします
  •  

    3
    アルバム名を作成します
    Tips 写真

  • 「アルバム名」を入力し「次へ」をタップします
  •  

    4
    アルバムをタップします
    Tips 写真

  • 新しく作成したアルバムをタップします
  •  

    5
    写真・動画をアルバムに追加できます
    Tips 写真

  • 「+ボタン」をタップすると写真や動画を追加できます
  •  

  • 共有アルバムに追加した後、iPhoneから写真や動画を消去しても共有アルバムには保存されます
  •  

    6
    共有する人を選択します
    Tips 写真

  • アルバムを共有したい人を選び「人のマーク」をタップし参加依頼を送信できます。自分だけでアルバムを使用することも可能です
  •  
     
    (Mie)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる