iPhone16シリーズに新しいFace ID機構搭載?画面下埋め込み型への布石か

iPhone16-Pro-AH-1221_1200.jpg

Appleは、今秋発売見込みのiPhone16シリーズにおいて新しいFace ID機構を搭載する可能性があることがサプライチェーン関連の情報から明らかになりました。

残念ながら、この新しいFace ID機構搭載によりDynamic Island(ディスプレイの切り欠き)が小型化するなど見た目の変化はないようですが、画面下埋込み型への移行に向けた布石かもしれません。

目次

Face ID向け部品のサプライヤー変更は、機構変更に関係か

英The Telegraphの報道から、AppleはFace IDを構成する部品のサプライヤーの変更を検討していることが確認されました。

同紙は、これはAppleがFace ID機構を現行モデルから変更することを検討していることを示唆していると述べています。

もしもFace ID機構が変更されるとすれば、今秋発売見込みのiPhone16シリーズからになると考えるのが順当でしょう。

iPhone16シリーズに画面下埋込み型Face IDを搭載すると噂されたが

iPhone16シリーズではFace ID機構が画面下に配置され、Dynamic Islandが小型化するとの噂が一時ささやかれていました。

しかし現在は、Dynamic Islandが小型化することはなくiPhone15シリーズと同じと予想されています。

iPhone17シリーズへの画面下埋込み型Face ID搭載に向けた布石?

ただし、Face ID機構を画面下に配置することを検討する過程で何らかの知見が得られたのかもしれません。

そのため、iPhone16シリーズに搭載される新しいFace ID機構では部品の再配置が行われ、iPhone17シリーズにおける画面下配置に繋がる可能性もありそうです。

例えば、iPhone17 Slimが発表されるとすれば、薄型の筐体でバッテリー容量を確保するために各種部品を小型化することが重要な課題になるでしょう。

Source:DigiTime, The Telegraph via MacRumors

Photo:Apple Hub/Facebook

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次