Swiftで開発スタート!Appleの無料ガイドが公開

    swift

    Appleは開発者サイトに、新たに「Develop in Swift(Swiftで開発しよう)」と名付けたチュートリアルページを設けたことが明らかになりました。プログラミング言語Swiftのビギナーがアプリ開発を始めるのに役立ちそうです。

    目次

    学べるのは今ところ3つ

    Appleの特設ページで学ぶことができるのは、「SwiftUIの基礎」「データモデリング」「空間コンピューティング」の3つで、それぞれ順を追って学習できるようセクションごとに分けられています。

    例えば「SwiftUIの基礎」は、次のように構成されています。

    • チャプター1 – Xcodeを探索する
    • チャプター2 – ビュー、構造体、プロパティ
    • チャプター3 – レイアウトとスタイル
    • チャプター4 – ボタンとState
    • チャプター5 – リストとテキストフィールド
    Apple

    クックCEOは以前からプログラミングの重要性を強調

    Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、以前からプログラミング教育の重要性を強調しており、「プログラミングの教育は学校教育の早い段階で始められるべき」と述べています。

    Appleは「Everyone Can Code(誰でもプログラミングはできる)」という教材開発も行っており、約5年前の時点ですでに5,000以上の教育機関でカリキュラムが利用されているとのことでした。

    Source: Apple

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次