Apple Watch(2026年モデル)が新型ディスプレイ搭載〜市場調査会社が予想

Apple Watch micro LED

Apple Watch micro LED
 
Apple Watchの2026年モデルには、マイクロLEDディスプレイが搭載されると市場調査会社TrendForceならびにOmdiaが伝えています。
 
マイクロLEDディスプレイは最初にApple Watch Ultraに搭載、その後、iPhoneにも搭載すると噂されています。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Apple Watchの2026年モデルには、マイクロLEDディスプレイが搭載されると市場調査会社が予測した。
2. マイクロLEDディスプレイは、有機ELディスプレイの次世代技術として期待されている。
3. Appleは、マイクロLEDディスプレイを自社で製造することを計画しているとの噂がある。

AppleがマイクロLEDディスプレイを内製すると噂

マイクロLEDディスプレイは、有機EL(OLED)ディスプレイと比べて焼き付きの不安が解消され、輝度に優れると期待されています。
 
Appleは、マイクロLEDディスプレイを内製し最初にApple Watch Ultraに搭載、将来的にiPhoneに搭載するディスプレイもOLEDディスプレイからマイクロLEDディスプレイに転換することを計画しているとの噂があります。

マイクロLEDディスプレイ市場拡大にApple Watchが貢献

TrendForceとOmdiaは、2023年のマイクロLEDディスプレイ用チップの出荷額が昨年の2倍になると述べています。
 
これを牽引しているのはSamsungの大型ディスプレイ(89インチ)と、AUOのウェアラブルデバイス用マイクロLEDディスプレイです。
 
マイクロLEDディスプレイ市場は2026年にApple Watchに搭載されることで拡大、2027年には生産額ベースで6億ドル(約870億円)になると予測されています。
 
microLED omdia trendforce_1200
 
 
Source:経済日報
Photo:Apple(米国)
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次