WWDC23直前のApple Parkをドローン撮影〜ヘッドセットのデモ会場も確認?

apple park

apple park
 
日本時間6月6日午前2時からAppleの今年の世界開発者会議(WWDC23)の基調講演が始まりますが、会場である米カリフォルニア州クパチーノのApple Parkのドローン写真が公開されました。写真には、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセットのデモ会場とみられる構造物も写っています。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. 6日午前2時からAppleの今年の世界開発者会議の基調講演が始まる。
2. 会場である米カリフォルニア州クパチーノのApple Parkのドローン写真が公開された。
3. AR/VRヘッドセットのデモ会場とみられる構造物も写っている。

デモ会場と基調講演の構造物が確認

米メディア9to5Macは、ソフトウェア会社Cider Collective, LLC.(@UseCider)が撮影したApple Parkのドローン写真を公開しています。
 


 
画像には、Appleが開発者向けおよび参加者向けに行うとされるAR/VRヘッドセットをデモ体験のための構造物も確認できます。
 
他にも、基調講演のための会場とみられる構造物があるのもわかります。

WWDC23ではさまざまな新型ハードウェア製品が発表か

WWDC23では、Apple初の複合現実(MR)ヘッドセットや、新型Macなどさまざまな新型ハードウェア製品の発表が予想されています。
 
イベントのオンライン視聴の方法も紹介されているので、リアルタイムでの視聴を考えている方におすすめです。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次