iPhone14の衛星経由緊急SOS機能、谷で遭難した学生を救う

    衛星経由の緊急SOS

    衛星経由の緊急SOS
     
    iPhone14シリーズで導入された衛星経由の緊急SOSにより、遭難した学生グループが救助される事例が報告されました。携帯キャリアの電波が届かない場所から、衛星通信で救助隊に連絡することに成功しています。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. iPhone14シリーズで導入された緊急SOSにより、遭難した学生が救助された。
    2. 携帯キャリアの電波が届かない場所から、衛星通信で救助隊に連絡することに成功。
    3. 救助された3人は、iPhone14が自分たちの命を救ってくれたと言及した。

    渓谷で遭難したグループをiPhone14が救う

    米国ユタ州の現地メディアKUTVは2023年4月19日、渓谷で遭難した大学生グループがiPhone14衛星経由の緊急SOS機能を使って救助隊に連絡し、無事に救助されたと報じました。
     
    3人の大学生は、キャニオニングと呼ばれるアクティビティを行っており、卒業旅行でユタ州のスロットキャニオンを訪れました。
     
    渓谷内の水場は例年以上に増水しており、グループは胸の高さまで水につかりながら立ち往生してしまいました。数時間も水の中にいたため、1名が低体温症を発症して行動不能となりました。
     
    低体温症のメンバーを安全な場所に移動するよう試みましたが成功せず、周囲は高さ150メートルの急な斜面に囲まれており、携帯キャリアの電波が届かない絶望的な状況でした。
     
    しかし、iPhone14を保有していたため、衛星経由の緊急SOS機能により救助隊にテキストメッセージを送信でき、遭難した位置と状況を伝えることに成功します。
     
    その後、現地のレスキューチームがヘリコプターで現場に急行し、グループ全員を無事に救助できました。
     
    救助された3名は、iPhone14が自分たちの命を救ってくれたと言及した上で、キャニオニング等のアクティビティを実施する人は、衛星通信機能を有したスマートフォンを持参すべきだとコメントしました。
     
    記事執筆時点において、iPhone14シリーズの衛星経由の緊急SOS機能は米国や英国、カナダ等の一部の対応国で利用可能となっており、人命救助に役立った事例複数報告されています。今後日本でも利用可能となることが期待されます。
     
     
    Source:KUTV via 9to5Mac
    Photo:Apple / YouTube
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    海外経験を活かし2020年からライターとして活動中。日々のお得情報から海外事件まで幅広くカバー。iPhone12 miniを愛用し、iPhone歴通算10年、Android通算5年程度。格安ガジェット好き。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次