App Storeアプリのサブスク自動更新失敗時、アプリ内で支払い方法が変更可能に

    Apple Storeロゴ

    Apple Storeロゴ
     
    Appleは、App Storeアプリのサブスクリプションの自動更新が失敗した際に、アプリ内で支払い方法を変更できるようにすると発表しました。

    支払い変更時にアプリを離れる必要がなくなる

    現在、サードパーティー製アプリにおいて、請求の問題のために自動更新サブスクリプションが更新されなかった場合、ユーザーはアプリを終了して、デバイスの「設定」の「Apple ID」から支払い方法を変更する必要があります。
     
    このシステムでは多くの場合、ユーザーはサブスクリプションに再登録する必要があり、その結果、アプリ内割引やサブスクリプションオファーなどの特典が受けられなくなることがあります。しかし今後、このシステムは変更される予定です。
     
    Appleによると、今年の夏以降、請求の問題のために自動更新サブスクリプションが更新されなかったユーザーにアプリ内でシステム提供のシートが表示され、ユーザーはこのプロンプトからApple IDに関連付けられた支払い方法を更新できるようになるとのことです。
     
    同社は新しい機能が導入されることで、ユーザーは支払いに関する問題を簡単に解決できるようになり、開発者においては、ユーザーにサブスクリプション登録を継続してもらいやすくなるはずだと述べています。
     
    なお、この機能を利用するには、iOS16.4またはiPadOS16.4以降が必要だということです。
     
     
    Source:Apple via MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はWebデザイナーでMacBook Airを10年以上愛用中。iPhone Maniaのライターとしては、2020年から活動開始。iPhone歴は4s→6→7→XS→12 Pro Max。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次