Google、最新のMac版Chromeが「これまで以上に高速化」されたと発表

    Google ロゴ

    Chrome Speedometer
     
    Googleは現地時間4月13日、Mac版Chromeブラウザが「これまで以上に高速化」されたと発表しました。Appleが提供するブラウザの応答時間を計測できるベンチマークツール「Speedometer2.1」において、同ブラウザの速度が3カ月間で10%向上したということです。

    Mac版Chrome、速度が3カ月間で10%向上

    Googleは最新版のChromeにおいて、速度と効率を向上させる新たな機会を見つけるため、「内部を徹底的に調査した」と述べており、一部のCSSとJavaScript関数のHTML解析を改善し、より効率的なポインタ圧縮と割り当てを実現しました。
     
    同社は、ポインタの圧縮および圧縮解除方法について最適化を行い、トラフィックの多いフィールドの圧縮を避けていると説明しています。これらの操作頻度が高いため、パフォーマンスに顕著な影響があったということです。
     
    また、JavaScriptの「undefined」のように頻繁にアクセスされるオブジェクトをメモリベースの先頭に移動し、より高速なマシンコードでアクセスできるようにしています。
     
    なお先日、AppleInsiderがMacでChromeブラウザを使うとAppleのプライバシー保護機能が無意味になると報じています。
     
    Mac版Google Chromeは、GoogleのWebサイトからダウンロード可能です。
     
     
    Source:Speedometer,Google via MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はWebデザイナーでMacBook Airを10年以上愛用中。iPhone Maniaのライターとしては、2020年から活動開始。iPhone歴は4s→6→7→XS→12 Pro Max。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次