Apple Watchのバンドでジェスチャが認識可能になる?

    Apple Watch AssistiveTouch

    Apple Watch AssistiveTouch
     
    Appleが、Apple Watchのバンド内に複数の電極を配置し、手を開く、握る、上下左右に動かすといったジェスチャを認識可能にする特許を申請していることがわかりました。

    Apple Watchのバンドに電極を内蔵してジェスチャを認識

    米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許申請書「ジェスチャ認識のための電極」では、手や指、腕を動かすことによって起こる筋肉の動きを、Apple Watchのバンドが内蔵する電極によって認識する方法が記されています。
     
    ちなみにApple Watchの本体については、AssistiveTouchを利用すれば、片手のジェスチャだけでApple Watchを操作することがすでに可能になっています。
     
    特許

    Apple Watch本体ですでにジェスチャが認識可能

    今回公開された特許ではApple Watch本体ではなくバンド側で動きを認識するようになっているので、指の動きなど、より繊細なジェスチャも識別可能になるのではないかと、米メディアAppleInsiderは推測しています。
     
    ただしAppleはこの特許において、「ジェスチャを認識したら何をするのか(例:Apple Watchを操作する、Macのロックを解除するなど)」を記しておらず、「どのようにすれば、より効率的にジェスチャを認識できるのか」の説明に終始しています。
     
    たとえば「筋肉と腱の動きによって生じる電気的活動を検出できるよう、複数の電極を並べて配置する」「バンドに取り外し可能な電子的接続部品(例:ポゴピンなど)を使い、電気信号を回路にうまく伝導できるようにする」などと記されています。
     
    前述したように、Apple Watch本体ですでにジェスチャが認識可能となっているので、バンドにジェスチャ認識機能が追加されるかどうかは不明です。

     
     
    Source:USPTO via AppleInsider,Apple(Apple Watch で AssistiveTouch を使う)
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次