2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Appleのより詳しいマップがオーストリア、クロアチア、チェコなどに拡大

    apple マップ

    apple マップ
     
    かなり鮮明にさまざまな建物や道路構造などが描かれているApple刷新されたマップが、オーストリアクロアチアチェコハンガリーポーランドスロベニアでも利用できるようになった、とAppleがプレスリリースで発表しました。

    3Dランドマークなどが特徴

    Apple新しいマップは、より速くより正確になったナビゲーション、道路、建物、公園、空港、ショッピングセンターなどの総合的なビューに加えて、3Dランドマークが特徴となっています。オーストリア・ウィーンのレオポルトシュタット区のプラーター公園にある大観覧車、クロアチア北西部のイストリア半島先端のプーラにある古代ローマ時代に造られたプーラ円形闘技場、ハンガリーの首都ブダペストにあるブダ城などを3Dモデルとして閲覧できます。
     
    「Appleマップは、プライバシーを保護しながら、世界を探索し、ナビゲートするための最良の方法です」とサービス担当シニアバイスプレジデントであるエディ・キュー氏は述べています。マップは一から作り直され、より良いナビゲーション、より豊かなディテール、より正確な場所の情報、そして「Look Around」「自然言語ガイダンス」など、Appleならではの驚くべき機能を備えている、とも同氏は付け加えています。
     
    プレスリリースの中では前のマップ(左)と新しいマップ(右)の違いも示されています。
     
    apple マップ

    新マップは日本未公開

    Appleの新しいマップは、日本ではまだ公開されておらず、3Dランドマークなどの機能を利用することはできません。
     
    日本は新しいマップの対象地域に入っているものの、具体的な実装タイムラインなどは明かされていない状況です。
     
     
    Source:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次