iPhone15 Proの感圧式ボタンはケースや手袋に応じて調整可能

iphone

iphone
 
数日前に、iPhone15 Proには超低消費電力モードが新たに導入されると伝えられましたが、同じ情報元から感圧式ボタンの動作について新情報がもたらされました。

感圧式ボタンは設定でカスタマイズ可能

iPhone15 Proシリーズでは、サイドボタン、音量ボタン、ミュートスイッチが、物理ボタンからTaptic Engineによる感圧式ボタンに変更されるとのことですが、バッテリー切れになった場合、再起動やDFUモードにすることができなくなるのではないかと不安の声が聞かれていました。この件については、新しい超低消費電力モードの導入で解決される見通しであることがわかっています。
 
MacRumorsのフォーラムで、前回この超低消費電力モードについてリークしたユーザーは、ケースを装着したり、手袋をはめたりしているときに感圧式ボタンがどのように機能するかについて質問されると、ボタンの感度をカスタマイズして、これらの異なる使用シナリオに対応できるようになる、と投稿しました。

別のリーカーの情報とも一致

今回の投稿内容は、リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)のiPhone15 Proシリーズの感圧式ボタンは良くできており、ケースを装着しても反応するとの情報とも一致するものです。
 
これらの情報から、iPhone15 ProのボタンはiPhone14 Proの物理ボタンと比べても問題なく動作しそうだと判断できます。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次