Samsungスマホの100倍スペースズームで撮影した月の写真は偽物なのか

    samsung-moon

    samsung-moon
     
    Samsungは、2020年に同社のGalaxy S20 Ultraで導入した100倍ズーム機能スペースズーム」を使えば「月面撮影が行える」と宣伝、美しい月面画像を公開してきました。
     
    しかし現地時間3月10日、Redditユーザーのibreakphotos氏が検証を行い、「Samsungの月面写真は捏造とはいえないが、人工知能(AI)処理によるフェイクだ」との結論を下し、その検証プロセスを公開。オンラインでは月の画像がフェイクか否かをめぐり、意見が飛び交っています。

    その検証方法とは

    ibreakphotos氏は次のように検証を行いました。
     

    1. 高解像度の月面写真をネットからダウンロード。
    2. その写真を170×170ピクセルに縮小、ガウスぼかしで画像をぼかします。これで画像はつぶれ、詳細は判明不明となります。
    3. 次に170×170ピクセルのぼかし処理を施した月面画像をモニター上で全画面表示し、部屋の照明を消してモニターから離れた壁まで移動、月面画像をGalaxyスマホ のスペースズームによる100倍ズームで撮影します。
    4. これで細部までわかる月面写真の完成です。モニターに表示していたぼやけた月の細部が、AI処理によりしっかり復元されています。

     
    Samsungは100倍スペースズームについて「光学ズームとデジタルズーム、AI処理を組み合わせることで、最大100倍のスペースズームを実現し、遠くに見える景色もまるで目の前にあるようによった写真を撮影することができます」と説明しています。

    AI復元はどこまで許されるのか

    ibreakphotos氏は、100倍スペースズームによる月面画像はフェイクであり、Samsungのマーケティングは虚偽的行為だと批判していますが、フェイクというよりもAIが優れているためこのような画像ができたという見方もあります。
     
    つまり実際に撮影した画像はぼんやりしていて細部が不明であるにも関わらず、AIが月に関する画像情報を大量に持っていたため、元の写真には存在しない部分まで復元してしまったというわけです。
     
    近年ではスマートフォンが搭載するカメラの性能が大幅に進化しています。AI補正された写真を見分けるのは不可能になるかもしれません。

     
     
    Source:Reddit via The Verge,Samsung
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次