クラシック音楽専門「Apple Music Classical」のCM動画が登場

    apple music classical

    apple music classical
     
    Apple Music Classicalの全世界リリースに伴い、新たにCM動画が公開されました。動画では日本でも人気のアリス=紗良・オットがフィーチャーされています。

    Apple Music内でも同様のサービス

    Apple Music Classicalは、Apple Music内のクラシック専門チャンネルとして位置づけられています。英語圏を始めとした一部エリアでは、独立したアプリとしてもApp Storeで提供されています。
     
    これに伴って30秒のCM動画が新たに公開され、アーティスト(演奏者)、作曲家、指揮者、楽器、オーケストラ(楽団)で自由に検索できることが強調されています。
     

     
    アリス=紗良・オット(ピアニスト)とカリーナ・カネラキス(指揮者)という次世代を担う女性アーティストが、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第一番を優雅に奏でます。
     
    残念ながら、日本のApp Storeでは執筆時点(3月28日現在)でアプリのダウンロードはできませんが、Apple Music内ではすでに同様のサービスが提供されています。
     
    apple music classical
    apple music classical
     
    筆者も早速体験してみましたが、作曲家やアーティストごとに整理されているだけでなく、空間オーディオに対応した楽曲も用意されており、まさにAppleが「クラシック音楽の複雑さを解消し、初心者から上級者まで、簡単に検索、閲覧、アクセスできるようにする」胸を張るに相応しい内容でした。
     
     
    Source:YouTube/Apple Music
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次