iOS16.4含む最新OSへの迅速なアプデを推奨!30以上の脆弱性が修正

iOS16.4

iOS16.4
 
Appleが日本時間2023年3月28日早朝にリリースした、iOS16.4/iPadOS16.4macOS Ventura 13.3においては、30を超える脆弱性が修正されていることがわかりました。

日本語のAppleセキュリティアップデートページは近く更新の見込み

Appleの「Appleセキュリティアップデート」の日本語ページは本稿執筆時点ではまだ更新されていませんが、近く更新されると思われます。
 

アプリがユーザーのアドレス帳やデータにアクセスできる脆弱性が修正

Appleセキュリティアップデートの英語ページによれば、たとえばAccessibilityで「サードパーティーのアプリがユーザーのアドレス帳の情報にアクセスできてしまう」脆弱性が、iOS16.4/iPadOS16.4で修正されています。
 
その他にもAppleMobileFileIntegrityで「アプリがユーザーのセンシティブなデータにアクセスできてしまう」といった、深刻な脆弱性が修正されたとAppleは記しています。
 
ほかにもApple Neural Engine、カレンダー、カメラ、CarPlay、Bluetooth、「探す」、iCloud、写真、Podcasts、Safariを含む多岐にわたる分野で、脆弱性が修正されました。
 
さらにカーネルにおいて、ユーザーの知らないうちにアプリが任意のコードを実行してしまう脆弱性も修正されています。
 
またWebブラウザのレンダリングエンジンであるWebKitにおいても脆弱性が見つかり、これがiOS16.4/iPadOS16.4、macOS Ventura 13.3で修正されています。ユーザーのセンシティブな情報が追跡される可能性のある脆弱性であるとのことです。

最新OSへのできるだけ早いアップデートを推奨

深刻なものを含め、かなりの数の脆弱性が修正されているため、iOS16.4、iPadOS16.4、macOS Ventura 13.3、そしてwatchOS9.4、tvOS16.4、HomePod16.4への、できるだけ早いアップデートをお勧めします

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次