2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    「世界は偉大な人物を失った」クックCEO、亡くなったIntel創業者に追悼の意

    ゴードン・ムーア

    ゴードン・ムーア
     
    Intelの共同創業者であり、「ムーアの法則」の提唱者としても知られるゴードン・ムーア氏が亡くなったことを受け、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)がお悔やみをTwitter上で表明しました。

    「感謝の念を抱いている」

    3月24日に94歳で亡くなったゴードン・ムーア氏について、ティム・クックCEOはTwitter上で「世界は偉大な人物を失った」とし、彼が世界に与えた影響は計り知れないと哀悼の意を表しました。
     


     

    シリコンバレーを創設した父の一人であり、技術革新の道を切り開いた真のビジョナリー(先見の明を持っている)でもあった、ゴードン・ムーアという偉大な人物を世界は失った。後に続く我々は皆、彼に感謝の念を抱いている。どうか安らかにお眠りください。

    ムーアの法則とは

    ムーア氏を一躍有名にしたのは、彼が1965年に論文で提唱した「ムーアの法則」です。この論文でムーア氏は経験則に基づき、半導体の集積率は18カ月で2倍になり続けるとの予測を打ち立てました。
     
    現在ではチップ性能の成長も過度期を迎え、Apple向けの「A〜」シリーズを量産しているTSMCの創業者は「2025年には進化が行き詰まる」との見解を示しています。
     
    とはいえ、この予測が今に至るまで広く知られているのは、彼が1968年に創業したIntelで、自らこの法則が正しいことを証明し続けてきたからにほかなりません。
     
     
    Source:Twitter/Intel,Twitter/Tim Cook via iMore
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次