Apple Music Classical、一部ユーザー向けにサービス開始

    apple music classical

    apple music classical
     
    Appleのクラシック音楽専用アプリ「Apple Music Classical」が利用できるようになっている、と一部のiPhoneユーザーから報告がありました。サービスが先行展開されているのは、東南アジア諸国のようです。

    マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナムで展開開始

    昨年末までのサービス開始が噂されていたAppleのクラシック音楽専用アプリ「Apple Music Classical」が、ついに利用可能になったとの情報が入ってきました。
     
    米メディアMacRumorsによれば、マレーシアタイフィリピンベトナムなどの東南アジア諸国のユーザーがクラシック音楽アプリが利用可能になったと報告しているとのことです。
     
    リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)が、インターフェースのスクリーンショットをソーシャルメディアに投稿しています。
     


     
    今月上旬にApp Storeで予約が開始されたApple Music Classicalでは、500万曲以上のクラシック音楽が提供されており、iOS15.4以降でApple Musicに加入していれば無料で利用することができます。
     
    Apple Music Classicalは、Appleが2021年に買収したクラシック音楽ストリーミングサービス「Primephonic」がベースとなっています。Appleのクラシック音楽専用アプリは、Primephonicのプレイリストやオーディオコンテンツ、検索機能、メタデータなどを活用しており、何千もの作曲家の伝記や、主要作品の解説などを備えているとのことです。
     
     
    Source:MacRumors
    Photo:@VNchocoTaco/Twitter
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次