Apple Music Classicalが一部の国々で予約注文可能に

    apple music classical

    apple music classical
     
    Appleが2021年に発表したクラシック音楽専用アプリが、ついにApp Storeで予約注文開始となったことが明らかになりました。残念ながら、日本のApp Storeにはまだアプリは掲載されていないようです。

    500万曲以上のクラシック音楽を高音質で提供

    昨年末までのリリースが見込まれていたAppleのクラシック音楽専用アプリが、ようやくApp Storeに掲載されました。
     
    AppleがTechCrunchに語ったところによれば、Primephonicをベースとした新しいApple Music Classicalアプリは、Apple Music加入者には無料で、新譜を含む500万曲以上のクラシック音楽を高音質で提供するほか、数百のキュレーションプレイリスト、数千の限定アルバム、作曲家の経歴や主要作品の深掘りといった他の機能も提供するとのことです。

    クラシック作品に親しめるシンプルなインターフェース

    Apple Music Classicalは、シンプルなインターフェイス上で作曲家、作品、指揮者、カタログ番号で検索し、録音を探すことができます。
     
    音源は最大192kHz/24bitのハイレゾロスレスという高音質でストリーミングでき、何千もの録音が、Appleの没入型空間オーディオで利用できるとのことです。
     
    apple music classical

    作曲家の解説および高画質のデシタルポートレートも用意

    Apple Music Classicalでは、作曲家に関する編集メモや主要作品の解説を読むことができます。有名な作曲家については、Appleがアーティストに依頼した高解像度のデジタルポートレートが用意されています。
     
    ポートレートは関連するクラシック時代のカラーパレットや芸術的な参照に基づいてデザインされており、順次追加される予定だそうです。リリース当初は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、フレデリック・ショパン、ヨハン・セバスチャン・バッハのポートレートが用意されるとのことです。

    日本のApp Storeでは公開されず?

    Apple Music Classicalの日本語のApp Storeページはまだ公開されていないようで、アプリの対応言語も今のところ英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語のみとなっています。
     
    アプリは3月28日にリリース予定で、利用するにはiOS15.4以降のインストールが必要になります。
     
     
    Source:Apple, TechCrunch via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次