ティム・クックCEO、中国とAppleとの関係が30周年を迎えたことを強調

    AppleEvent 2022年3月 ティム・クックCEO

    AppleEvent 2022年3月 ティム・クックCEO
     
    先日から中国を訪問している、Appleティム・クック最高経営責任者(CEO)が現地のフォーラムに登壇し、同国の長年の良好な関係を強調しました。

    中国と共生関係を築いてきたApple

    ティム・クックCEOが中国を訪問したのは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック以降では、今回が初めてとなります。北京のApple Storeを訪れ、その場に偶然居合わせたユーザーのiPhoneにサインする一幕もありました。
     
    中国開発フォーラムで講演したクックCEOは、Appleが中国で事業を開始してから今年が30周年にあたることを強調しました。「我々はこれ以上ないほどワクワクしている」とし、「Appleと中国はともに成長し、互いに支え合う関係を築いてきた」と述べ、iPhone製造を始めとする中国のサプライチェーンについて感謝を示しました。
     
    政治的リスクやコスト高などから、インドを始めとして中国国外にサプライヤーの拠点を移しつつあるAppleですが、未だに多くを中国に負っていることは確かでしょう。事実、ロックダウンを受けてFoxconnの鄭州工場で暴動が発生した際は、iPhoneの出荷ペースに一時的な乱れが生じました。

    米国内での風当たりは強いが

    そうした状況を思えば、ティム・クックCEOが中国との関係を維持しようと奮闘するのも理解できます。
     
    今回の渡航目的の一つだったビジネスフォーラムについては、中国政府が支援しているため、米国内での批判を恐れて参加を見送った企業のCEOも少なくありませんでした。Appleもこれまでに、中国に強硬姿勢をとる共和党議員から度々批判を受けています。
     
     
    Source:AppleInsider,Financial Times
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次