macOS 13.3が近日公開予定。SMBファイル共有が動作しなくなる不具合を修正か

    Apple macOS Ventura

    Apple macOS Ventura
     
    1月下旬にリリースされたmacOS Ventura 13.2以降、一部のMacユーザーから、SMBファイル共有が動作しなくなったという不満の声が上がっていました。しかし、次期macOS Ventura 13.3アップデートでAppleは、この問題を修正するようだと報じられています。なお、SMBとは主にWindowsネットワーク上において、コンピュータ間でのファイル共有やプリンタ共有などを行うための通信プロトコルです。

    13.3のベータ3以降、ファイル共有が動作するように

    この問題の影響を受けた複数のユーザーは、macOS Ventura 13.3のベータ3以降ファイル共有が再び機能していると指摘しており、あるユーザーは「Appleが修正プログラムを実装したことを確認した」と述べています。
     
    macOS Ventura 13.3ベータテストの最終段階にあり、早ければ来週にも一般公開される予定です。

    ファイル共有を有効にする方法

    ファイル共有は、「システム設定」 > 「一般」 > 「共有」から有効にすることが可能で、ローカルネットワーク経由でMacのファイルにリモートアクセスすることができます。例えば、Mac miniをサーバーとして設定し、そのコンピュータでファイル共有を有効にすると、MacBook Proなどのプライマリコンピュータからリモートでファイルにアクセスすることが可能になります。
     
     
    Source:MacRumors
    Photo:Apple
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はWebデザイナーでMacBook Airを10年以上愛用中。iPhone Maniaのライターとしては、2020年から活動開始。iPhone歴は4s→6→7→XS→12 Pro Max。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次