Apple Watchのバンドに合わせた文字盤を自動設定〜NFC利用する特許取得

    Apple watch nfc patent_4

    Apple watch nfc patent_4
     
    Appleが現地時間2023年3月21日、米国特許商標庁(USPTO)において「Apple Watchに装着したバンドをNFCにより自動的に認識し、それにあった文字盤を設定する特許」を取得しました。
     
    本特許を実装したバンドが発売された場合、そのバンド専用の限定文字盤の提供などが考えられます。

    NFCチップを用いて装着したApple Watch用バンドを自動認識

    NFCチップを用いたApple Watchのバンド自動認識機構は下記図表2の210通り、バンド側にチップが実装され、本体側でそれを認識します。
     
    Apple watch nfc patent_1
     
    下記図表3では、NFCチップを2カ所(208-1と210-1、208-2と210-2)に搭載することを検討しているのが確認できます。
     
    Apple watch nfc patent_2
     
    このことから、スポーツバンドなど2分割されたバンドでは一体化しているもの(ソロループやスポーツループ)と異なる機能を持たせることも可能かもしれません。
     
    もっとも単に、フェイク品を排除するために認証する接触部を2つに増やしたとも考えられます。
     
    Apple WatchへのNFCチップは、Apple Watch用バンド固定具(下記図表5の300や302)のうちの1つを置き換える形で埋め込むことが検討されているようです。
     
    Apple watch nfc patent_3
     
     
    Source:USPTO via Patently Apple
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次