2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    AirPodsは今後数年間のうちに聴覚モニタリング機能が搭載される〜ガーマン氏

    airpods 2

    airpods 2
     
    Appleの内部事情に詳しいBloombergのマーク・ガーマン記者は、日曜恒例のニュースレター「Power On」でAirPodsに将来搭載される可能性が高い新機能について述べています。

    AirPodsはヘルスケア製品になる?

    ガーマン氏によれば、Apple次の1、2年の間にAirPodsをヘルスケア製品へとアップグレードするだろうとのことで、「聴力データかそれに近いものを取得できるようになる」そうです。
     
    AppleはすでにAirPodsに会話ブーストライブリスニングなどの聴力にフォーカスした機能を追加しており、AirPodsが補聴器の代わりになるとの意見もありますが、アメリカ食品医薬品局(FDA)の承認は得られていません。ですが、AppleはおそらくFDA認証の取得も視野に入れている、とガーマン氏は推測しています。

    ヘルスケア製品の方向性を裏づける特許を複数申請

    Appleは、イヤホンベースのフィットネスモニタリングシステムなどの特許を申請しており、テクノロジー担当副社長のケビン・リンチ氏もAirPodsによるヘルスケアデータの取得をほのめかす発言をしています。
     
    すでにAirPodsにはヘルスケア機能を実現するための部品が内蔵されており、ファームウェアアップデートによって既存のデバイスでもヘルスケア機能が利用可能になる可能性もある、と米メディアMacRumorsはコメントしています。
     
     
    Source:MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次