2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    tvOS16.3.3がリリース〜Siri Remote接続問題がようやく解消か

    Apple-TV-4K-hero-221018_big.jpg.medium_2x

    Apple-TV-4K-hero-221018_big.jpg.medium_2x
     
    Appleは現地時間2023年3月6日に、Apple TV 4K(第3世代)向けにtvOS16.3.3をリリースしました。
     
    本リリースでは、数カ月に渡ってユーザーを悩ませてきた、Siri Remoteの接続問題が解消されています。

    昨年11月から訴えのあった接続問題

    Appleは2022年10月に、A15 Bionicチップを搭載、HDR10+に対応した新型Apple TV 4Kを発表しました。同梱のSiri Remoteは、デザインと機能は前世代と同じですが、充電ポートはUSB-Cへと変更されています。
     
    ところが多くのApple TVユーザーの間で、充電ポートがUSB-Cへと変更された新しいSiri Remoteが、Apple TVと同期しない問題が発生、AppleのサポートページやRedditなどに問題解決を求めるコメントが相次いでいました。
     
    新型Apple TV 4KとUSB-Cポート搭載Siri Remoteが発売されたのは2022年11月であり、その後tvOSのアップデートは複数回行われたものの、問題は解決されていませんでした

    tvOS16.3.3でようやく解決か

    それがようやく、tvOS16.3.3で解決された模様です。AppleはtvOS16.3.3のリリースノートにおいて次のように記しています。
     

    このアップデートはSiri RemoteがApple TV 4K(第3世代)において反応しなくなる問題を解決しています(原文は英語)。

     
    tvO16.3.3は最新のApple TV 4K(第3世代)向けにのみ、リリースされています。

    対象となるのはApple TV 4K(第3世代)のみ

    気になるのは、Apple TV 4K(第3世代)以外の旧式Apple TV所有者で、新しいSiri Remoteへと買い替えたユーザーからも接続問題が報告されていることです。
     
    今回のアップデートはあくまでApple TV 4K(第3世代)を対象としているため、その他のApple TVユーザーにも同様の問題が発生している場合、解決されないことになります。

     
     
    Source:9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次