Apple Watchのバンドに心拍数センサーなどを組み込む特許を取得

    Apple-Watch-iM-original-3

    Apple-Watch-iM-original-3
     
    Appleが米国特許商標庁(USPTO)において現地時間2023年3月2日、Apple Watchのバンドに生体情報センサーを組み込む特許を取得しました。
     
    この特許の仕組みを実製品に応用した場合、Apple Watch本体内部のスペースを新たに占有することなく、新しい生体情報センサーを組み合わせることが可能になると期待されます。

    バンドの一部を導電性の繊維にして本体と通信か

    Appleが今回取得した特許は、Apple Watchの「(布など)織り物のバンド」に生体情報センサーを組み込む仕組みを記載したものですので、スポーツループやブレイデッドソロループ、アルパインループ、トレイルループなどを想定していると思われます。
     
    これらのバンド(下記図表10の12)の内側には、心拍センサー、血中酸素濃度測定センサーなどの生体情報センサーだけではなく、マイク、スピーカーなど(26)を組み込むことが想定されています。
     
    バンドの内部にはこれらのセンサーとApple Watch本体との通信回路(80C)を組み込むことも検討されているようですので、バンドと本体間は隠しポートを通じて電気的に接続されるのかもしれません。
     
    USPTO apple watch
     
    Apple Watch本体に各種機能を追加し続けようとすれば、本体を大型化し続けるか、バッテリーを小型化する必要が生じる(駆動時間が短くなるので考えにくい)と考えられるため、バンド側に機能を持たせようとする特許をAppleは複数取得しています。
     
     
    Source:USPTO via Patently Apple
    Photo:iPhone Mania
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次